気概さえあれば灼熱の8月でもクロスバイク東京愛知RTA

お盆休みも終わりですね。

最近は色々と私生活が忙しく、思うように時間が取れず。

う~んこのままでは何も成さない間に1年が終わってしまうぞ、それは駄目だ…!

というわけで、
自分への戒めのため自宅(東京)から実家(愛知)まで自転車(Escape-Rx3)で帰省に挑戦しました。

fvdffvd.jpg

結構有名なチャレンジのようで、
配信者の方々がされているのを見て、いつかやってみたいなぁと思っていたのでした。

いざゆかん愛知へ!



IMG_9679.jpg
10日19時 出発。
長らく自転車に乗ってなかったのでライトの電極が腐っており、二子玉川のサイクルショップで新品を購入。
東中野のあたりで早くも小雨がパラつき、この旅に暗雲が差し掛かる。


IMG_9685.jpg

IMG_9690.jpg
11日0時 大船駅
マイルート横須賀チャリ旅で通るお馴染み横浜のアリーナを超え、戸塚駅へ。
普段は来ない方面だったので早くもちょこちょこと迷った。


IMG_9700.jpg

IMG_9697.jpg

IMG_9702.jpg

IMG_9708.jpg
茅ヶ崎→小田原へ。
鎌倉方面の海は道路の明かりが少なく、とても暗い。
「月の光を照らす夜の海を見ながらのライディングは、さぞ楽しいんだろうな!」
なんてとんでもない…海岸から見た夜の海は、
地平線の境目すら分からない闇が手前を覆っており、どこか吸い込まれそうで不気味であった。
38時間海を泳いで助かった人は、一体どんな気持ちで夜を行ったのだろうか。


IMG_9712.jpg

IMG_9714.jpg

IMG_9717.jpg
11日4時 箱根
入り口から既に傾斜があり、難所を漂わせる。
「すげぇ…動画で見たところに遂に来た!」という悦びもつかぬ間、山特有の小雨が降り出し不安を誘った。
写真の通り、自動車がたまに通るくらいで出歩く人は誰もいない。


IMG_9726.jpg

IMG_9727.jpg

IMG_9751.jpg

IMG_9768.jpg

IMG_9759.jpg

IMG_9770.jpg

IMG_9779.jpg

IMG_9780.jpg

IMG_9792.jpg
箱根山道中
10分登ったくらいであっという間に限界が来て、以降は自転車を引っ張ること3時間。
同じアセットをこれでもかと使いまわしたような登り道を延々進む。
途中、民宿や線路もあり最悪食べ物には困らなさそうだ。
山頂付近は霧が濃く、自転車で進むと汗が冷えて夏場だというのに寒い。
頂上を下ると芦ノ湖。
小学生の頃、そういえばココにきたなぁと思い出す。


IMG_9810.jpg

IMG_9816.jpg

IMG_9818.jpg

IMG_9820.jpg

IMG_9822.jpg
11日10時 富士市
常時50kmぐらい出る坂道を駆け、あっという間に三島に着く。
先の3時間の地獄を帳消しにできるほど、素晴らしい気分と、絶景であった。あの下り坂は自転車旅の醍醐味であろう。
千本街道を進むが富士山は見えず。
マックスバリューの食堂でハンバーグを食べ4時間ほど休憩。


IMG_9833.jpg

IMG_9836.jpg

IMG_9839.jpg

IMG_9853.jpg
11日17時 静岡駅に着く。
浜松まで約100km、愛知まで約200km、見上げれば常に浜松までの距離が載っている。
浦原の海岸を一号線に添って進む。
盆地育ちとしては、そうそう、こういう道を走りたかったのだと満足だった。


IMG_9967.png

IMG_9874.jpg

IMG_9876.jpg

IMG_9882.jpg
12日3時 浜松市着
静岡駅から、山→島田→新金谷→金谷→山→掛川→磐田→浜松という道でひたすら進む。
金谷から掛川に行く登り山で、
アイフォンで表示されるマップでは進むことが出来ず、不安になり一度下山。
一号線は自転車通行禁止で、やはり再び山を登り381号線で掛川へ。
夜の山は登りも怖ければ、下りも下りで暗くて怖い!


IMG_9889.jpg

IMG_9890.jpg

IMG_9901_201608180755372a4.jpg
12日9時 岡崎
愛知に入って心落ち着き、タラタラ漕いでいたら着いてしまった。
弁天島を抜けて少し進むと、最後の急勾配登り山。そこを下れば豊川~岡崎へ。
なんとなく地元感が出始め、希望が見えたらもうゴールだった。
久々に自転車で走った地元は、
愛知の地というべきか車がホントに多く、車道に出たら轢かれそうで危ない危ない…


岡崎城からちょろっと走って自宅へ(完)



_____________________________________________________________________________________________


というわけで何とか走破できました。
箱根の下りと、浦原の海岸沿いが楽しかったかな。

今回は完全に晴れの日を狙って、
サメポシェット(アイフォン+充電器+財布+塩飴)だけの超軽装で行きましたが、
アカンですね。最低でも雨対策のレインコートは持参するべきだなと反省です。
(夜の山で雨振られると心がボキッと折れる)






灼熱の8月でもクロスバイク東京愛知RTA

時間:約40時間(出発 8/10 18:40 ~ 8/12 10:00)
距離:404km
出費:約5,500円

ドリンク
飲んだドリンクをまとめてみました。
2500円分くらいありますね…(笑


ダークソウル3

CeiGBc2UEAArHp-.jpg

もう3月も終わり・・・?
早い、早すぎる。更新無い、無さすぎる。
個人的にはまだ2月の半ば辺りな気分であるのだが…。


ダークソウル3を購入。
ブラッドボーンで鮮烈な世界観に魅せつけられ1年立たずにフロムの新作!
普段あんまりゲームをしない(スマブラ以外)自分も久々に心躍り、ヤマトで送られてくるのが待ち遠しかった。

とりあえず初見ソロ終わり。
さてでは今回はどうだったのかといいますと・・・

「どうせ3ともなるとマンネリ化してきて途中で飽きるんでしょ?」

とんでもないです。
過去最高傑作でした、間違いない。
ダークソウル12やった人は絶対やってくれ。

もうまずランドスケープが良い。
ソウルシリーズ恒例の彩度と明度のインジケーター全部0にしましたみたいな湿った感じ一辺倒ではなく、
初っ端のロスリックは黄色、イルシールは白、古竜の頂は青空。
ファランの森も中は暗いが巡礼大橋に登ると一変して明るく、周りを一望でき、冒険心を煽る。
暗いステージの次には必ず明るい場所があって凄く前後の差別画化を図っていた。
カラッとした明るさで描いた終世感みたいなもの、そういうものがあった。

ゲームシステムはどうか。
UI、超見やすい。
ウィッチャー3とMGS5の良いとこ取った感じ、文句なし。

初ボス審判者グンダ、まさかのガー不炎獄握。
ブラッドボーンやっただろ?ガン盾プレイは許さねぇからなと言わんばかりの攻撃をしてくる。
故に避けゲーであった。被ダメ増やしてでもあの指輪は付けるべき。難易度がガクッと落ちる。
もうちょっと敵のチェイン技が少ないとストレス無く遊べるんじゃないかなぁと思う。


ではストーリーは?
分かりやすい。超わかりやすい。
ブラボほど難解じゃなく1よりしっかりと説明してくれて、アイテムで補完できるいつもの感じ。
イベントの回収も間隔が短くて話を覚えていられる。
ロレッタちゃん…


いたるところに前作の名残と時間経過が垣間見えて胸に来るものがある。
冷たい谷のボルドを倒した後の、
はいこれアノールロンド…からの
ん?このマップ見覚えある…!? ホントにアノロ出(   みたいなのは口が開くきっと。
1をやった人はニヤニヤ間違いなし!
もう作品のファンだったら絶対買え、躊躇するな。

あとは12からの時間経過の間に何がったのか、
竜狩りの鎧戦で浮かんでる根っこみたいな悪魔が何者か、とかがdlcで判明してくると楽しそう。



以上とりあえずサクッと20時間ぐらいやった初見感想。

今回のはもうホント良いよ。
各シリーズの良いとこ全部詰めたよ、そういうのがやってて感覚で分かる感じ。

演出やデザインに関しても
どちらかと言えばファンタジー演出好きな自分からすると
ダクソは硬派に寄り過ぎてちょっぴり惜しい感じなんだよなぁ…と思ってた節が少しあった。(故にブラボは最高だったが

それをサリヴァーンや呪い大樹辺りのボスがうまい具合に突っついてきてもう、丁度いい!!
巨人ヨームの演出、あれは最高ですわ。フレーバーテキストも曲も超かっこいいし。
あぁいうの、男の子なんだよ。

仕舞いには古竜の頂が良すぎて.。
爆ボン64で初めてレインボーパレス行った時のような
ワクワクと寂寥が漂う、あの感じ。



素晴らしすぎた反面、これでダクソも終わりかというのが少し寂しくもある。




冬コミお疲れ様でした物語

IMG_8525.jpg
C89、2日目の前日搬入帰りにて


明けましておめでとうございますには既に時遅し、
遅ればせながら冬コミお疲れ様でした。
毎度のことですが、イベントの後の10日間は一瞬で過ぎてしまいますね。
物を買いに走り送ったり人に会ったりと忙しなく、ようやく日常感が戻ってくる頃には2週も経っております…。

さて今回の冬コミですが一年半ぶりの参加にも関わらず、多くの方がスペースに来てくださいました。
年末のお忙しい中、ご足労頂き本当にありがとうございました。
前回からだいぶ時間が空いたので、
それまでツイッター等でお見かけしていた方へのご挨拶や
毎回イベントでお会いする方々ともお話できて、久しぶりでしたが参加してよかったなぁと思いました。


IMG_8521.jpg
作った本を見本(修正)用と保存用で二冊本棚に置いているのですが、結構な暑さになったなぁと。

IMG_8584.jpg
年号的にはもう三年前になるDRAGONSの初版は、
すっかり日焼けして手垢がついてボロボロになってしまいました…。



今回手持ちのORIONSとDRAGONSを会場に持って行ったのですが、
割とすぐ無くなってしまい、欲しかったのになと言ってくれた方がそれなりに見受けられました。
メールでも再販等はないのかと質問を受けました。

ORIONSは少数ですが、とらのあなの店頭在庫があるようです。(問い合わせてみれば残ってるかも…?)
DRAGONSは何かあったときに配る用の、実家に置いてある10数冊しか残ってないんですね。

aaa_20160109093641a9e.png

一応夏の計画として
総集編、ではないのですが、DRAGONSをまとめた本を出そうかなぁと思案中です。
やり残した事と、どうしても作りたかった切手を添えて、完結として作りたいなと。
ただ同人誌にしては価格が高過ぎることと、単純にデカイことで問題点が多いので困ったものですね…。






2015.12.30 コミックマーケット89 情報

Comicmarket 89
___________________________________

【スペース】
12月30日
二日目東館“A-10a”
サークル『SINNNKAI』 
___________________________________

【頒布物①】
◎新刊 「ABYSSAL」 
頒布価格  3000円
変型A4サイズ/140P/フルカラー/カバー付/巻末付録付き
___________________________________

【頒布物②】
◎会場限定 「スマブライオンたおる」 
頒布価格  2000円 
横約30cm×縦約75cm / 崖受身しろクリアファイル付
*今回は完全会場向けのグッズなので委託店でのセット頒布などはありません。
___________________________________

【頒布物③】
□既刊 「ORIONS」 約50部  1000円  
□既刊「DRAGONS」約50部  3000円
□既刊「継・天子の旅」約30部 1500円

「ORIONS」、「DRAGONS」に関しては現状の在庫全部です。
欲しい方がいましたら最後の機会にどうぞ。
___________________________________

【委託先】
メロンブックス様 (税込表記になってます。)
とらのあな様 (税別表記になってます。)
___________________________________

①新刊「 ABYSSAL アビサル 」 
前作ORIONSの敵サイド四姉妹と、今年アホみたいにハマったスマブラの思い出を収録しました。

cover.jpg

sam1_201512231116021c9.jpg

sam2_20151223103722527.jpg

sam3_20151223103724bdd.jpg

sam4_2015122310372551c.jpg

122,123

___________________________________

②会場限定頒布「 スマブライオンたおる 」 
マリオの上強ハメやらファルコンの崖弱待ちでマインドクラッシュしてしまったオライオンちゃんのタオルです。
*これは印刷サンプルなので四方の折り返し縫いがされてません。


IMG_8509.jpg
完全に目ん玉が腐っちまってます。

IMG_8502_20151223105736ccb.jpg

IMG_8503.jpg

IMG_8504.jpg



去年の夏コミぶり、ということで久々のイベント参加になります。
いろいろ書き溜めていたイラスト等を収録していたら、またページ数が増えてしまいました…。
今回はオライオンの敵サイドの図録と、
今日からガノンを使いはじめる貴方に向けた、ちょっとしたガノバイスを収録しました。巻末におまけ、付いてます。

イベント参加初の試みで、タオルを制作してみました。会場限定です。
ぶっちゃけてしまいますと本は委託店で買えるので、何か他のもの作れないかなぁ…と考えていたところ、コレだろうと。
こっちにはクリアファイルがついてます。

当サークルに寄って頂ける方々へのアナウンスですが、
本、タオルともにA4サイズの大きさなので、手提げバッグなどの袋の持参を強く推奨いたします。


当日は寒さが予想されますので、防寒具などで対策を怠らずに臨みましょう。
それでは当日会場にてお待ちしております!


___________________________________

700_封面

もう一つお知らせですが、どうやらORIONSの中国語版が出たようです。

今年の夏コミ後に、エンタープライズなどのアメリカ艦娘の本を出されている
中国のサークル“AURA遺跡”の零火さんという方とお話する機会があったのですが、
「中国語版出しても良い?」とのことだったので、オッケ~と1つ返事で返したら知らぬ間に完成してました。

オタクワールドワイド、その熱意恐るべし…。
中国語ではありますが上の画像クリックから通販サイトに行くことが出来ます。
欲しいという方がいましたら、如何でしょうか。


運動しない茄子男でもクロスバイク東京湾一周

ここ半年ぐらいずっと運動不足の生活続きだったせいか、どうも体がムズムズしていました。
エネルギーが有り余っていた中高生の頃、じっとしていると体が疼く あの感覚ですね。

「もう駄目だ…!このまま動かずでは体が固まってしまうぞ!」

というわけで、
自分への戒めのため東京湾を自転車(Escape-Rx3)で一周に挑戦しました。

前々からやってはみたいなぁと思い、その類のブログを読んではいたのです。

多少疲れるっちゃ疲れるけど、まぁ行けるでしょ!
正直舐めてましたね。
出発前の自分を100回位ペンチで殴りたい…。

東京湾一周

色々なブログで取り上げられているので、
今更ではあるのだが、反時計回りで フェリー → 富津岬 のルート。
久里浜~浜金谷のフェリーは6:20から1時間ごとに便が出ているので、最速を狙うことに。
横須賀まではかれこれ10数回往復してるので、大体5~6時間かかる事はわかっていた。

今回は久里浜までが第一目標なのでプラス1時間、余裕を持たせて23:30に家を出発した。

1
4:30
何回も通った道なので迷うこともなく到達。
普段は昼に来る軍港には明かりが照らされていた。照明がないと暗すぎて何も見えない位暗かった。

2
5:00
水平線に広がる朝焼けはなかなか良い感じ。
涼しい朝の観音崎の海岸沿いを優雅に通ってフェリーまで直行…甘かった。
微妙にきつい傾斜の山っぽい坂が何度も続き、意外と距離もあり、フェリー乗船所に着く頃には既に95kmの距離があった。

IMG_7211.jpg

3
6:20
フェリー名物カレーパン。
包み紙の説明によれば、カレーは元々イギリスの軍隊食だったとのこと。
唐揚げは脂肪分の少ないササミっぽい感じ。

IMG_7246.jpg
東京はこの奥の島の更に奥だぞ!本当に帰れるのか?

4

5
7:00
フェリーで40分揺られると浜金谷に着く。
埼玉では見られないような、島国&漁村感。海岸側の崖上には、非常に豪華そうな別荘がチラホラ立っている。
涼しいし道も平坦だし緑多いし、コレコレこういうのを待ってたんだよ!と、その時はそう思っていた。

だがここから先、富津まで地獄のような上り道が待っていようとは…。



6
8:35
地獄の上り坂を降りた先の分岐地点。レトロでいい雰囲気ですね。
この旅の目標である富津岬へ向かう。


IMG_7262.jpg

7

8

9

IMG_7272.jpg
9:30
富津公園にある、意味不明な形状をした展望台。
登ってみると、何度と他のブログで目にしてた光景があった。
東京湾と富士が一望できる、実にいい景色でしたね…。
写真だとわかりづらいけど、意外と高いです。意外と揺れます。あと意外と横で何か工事してます。


そして楽しかったのはここまでだったと断言する。(以降は苦行すぎて写真撮る元気すら無い)

10

11

12
10:00~15:00
実は9:00くらいから結構暑いな…と思っていた日光は、ここに来て遂に本気を出す。
今年は秋入り早いから大丈夫大丈夫!と思っていたが腐っても9月。まだまだ日差しは強かった。
炎天下の日光ガン浴びは人を殺しかねない。

他の多くの記事で「ここは辛いよ」と書かれていたポイント、袖ヶ浦の国道16号。
工業地帯の車道の横を、25kmくらいひたすら直進するだけ。
この道に差し掛かると、自動販売機とコンビニが数キロ先まで消える(そんなまっさかwwと思ってたら本当に無くなった)

風景変わらない、斜光物なし、向かい風、トラックしか通らない、体力低下…etcで意識が朦朧とした。
「折角の休日に俺は一体何をやってるんだろう・・・?」と疑問すら感じた。
途中で心が折れてにゃんこ大戦争で遊んでしまった。
コラボチケットが3枚手に入りました。

中間地点にセブンイレブンが無かったら本当に死んでいた。
ありがとうセブンイレブン。

13

18:30 自宅
魔の工業地帯を抜けた時点で元気はとうに尽き、
あとはひたすら心が消失した肉体で自転車を漕ぎ続け千葉、船橋、市川、東京、埼玉へと帰還。

撮りたくなるような面白そうな風景?

7xGoD.jpg

元気が無いんだよ


終わりの終盤、千葉に入った辺りからやたらと青い道路標識が
「船橋まであと15キロ!東京まで45キロ!」と3キロごとに主張してきた。

あぁ良かった…遂に帰ってきた。
パンクもしてないし携帯の電池も切れなかったし、なんとか無事(ではないが)に帰ってこれたぞ…


「でも東京から君の自宅へは更にあと20キロなんだよ~~~~~~!!!!!!!」 
許せねぇあの青い看板の野郎


14
というわけで無事帰ってこれた。
めっちゃ日焼けしました。

距離:227km
平均:時速:17.2km/h
出発:23:30 ~ 帰宅18:30
出費:4,000円

16時間くらい漕いだんじゃないかなと思う。
翌日体はガタガタだったが、1時間くらい動いたらそんなに苦でもなくなった。
これで運動不足は解消できただろうきっと…。

正直二度とこんなことしたくないとは思うのだけれども、
涼しくなった秋の終わり頃に、逆方向から行ってみたいと思うからライディングとは不思議だ。

プロフィール

カンヌ

Author:カンヌ
描いたイラスト等を掲載しています。
イラストに関して実在する人物、地名、団体等とは一切関係ありません。

*現在、お知り合いの方以外の同人の依頼等はお受けいたしかねます。

最近のイラストはtumblrからどうぞ。

mail:
always5211*hotmail.co.jp(*→@)
__________________________

●items 

・C89 ABYSSAL 【NEW】
sam.png
深海四姉妹とスマブライオン。
メロンブックス / とらのあな

・(再)C86 ORIONS
sam.png
オライオン4姉妹解説本です。
Sold out

・C86 DRAGONS C.B

D,D+,ORと箱のシリーズセット
Sold out

・COMIC1☆8 DRAGONS+
D.png
「DRAGONS」の補完本です。
Sold out

・(再)C85 DRAGONS
D.png
2013年をこの一冊に。
Sold out


・C85 KANCOROQUIS
kan.png
略してカンコロ、紙質改善、描き味改ニ。
Sold out

・C85 艦これスリーブ
aaa_2013122113174874c.jpg
女神と邪神スリーブ
Sold out

・C84 3rd anniv. 短髪天子
a_20130709043908.png
なんと箱、本、CDの3セット!
sold out
【重要!】 おまけに関して→詳細
本だけver →
Sold out


・C84 TENCOROQUIS
b_20130709043907.png
スケブです。100枚綴りです。
Sold out

・C84 箱スケブセット
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa.png
Sold out

・例大祭10 天子一生寝てたい
aaaaa_20130520205734.png
働きたくないでござる
Sold out

・C83 継・天子の旅  
rrrr.png
*通販特典!前売券レプリカ付き
Sold out

・再販 改・天子の旅
rrr.png
Sold out

・紅楼夢8 短天アプリコット
s.png
Sold out

・C82 続・天子の旅
rr.png
Sold out

・例大祭9 短天ちゃんが死んだよ
r_20130523035400.png
Sold out

・C81 天子の旅
4_20121027100631.png
Sold out


上記は以下の店舗に委託しております。

2013052012174365f_20130716204836.jpg

0_20130520121745_20130716204834.jpg


__________________________

●pixiv



__________________________


バナー (直リン等ご自由にどうぞ) 
バナーv2

アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

__________________________

● Others

【上海アリス弦楽団】
東方の総本山様でございます

banner_20120929101339.gif

【幻想鏡現詩】
色々と御一緒させてもらってる鏡現詩、もにさんのサイトはコチラ

banner.gif

【ProjectAD】
カードスリーブ等でお世話になっております。

banner_20130504135421.jpg

__________________________

● Respect / サイト名

あさのさん asano
さしみんさん CowbellTiara
スズキゴロウさん gaialot
帝国少年さん teikokushounen
マサリロさん DragonsHeaven

__________________________

最新記事
bkm
月別アーカイブ