BOTW記

2017052006482500-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg
最後の場所は南ミッカレ橋だった。三本あって何故ここだけスルーしていたのか…

2017052006483900-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg

コログ900個、防具フル強化、ミニゲーム制覇、クエストコンプリート、マップ完成。
プレイ時間約350時間

長かったとても
地味に防具強化のゴーゴースミレ数が多くて何度も湿地を行き来した。
ヒケシアゲハとかも多かったなそういえば
勝てるかこんなもん…と最初は絶望したライネルも最後には星のかけらマラソンの流れ作業へ
人は強くなるのですね

コログ散策であれだけハイラルを歩き回ったのに回収時の達成率は98%だった。
クエストを終わらせて防具を強化しても99%だった、何故!?

血眼で探し
見落としていた場所は以下であった。

2017052004444400-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg
見落としの名所1、普通は馬場の奥に行かないので見つからない。

2017052006452701-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg
二週目は違うルートでゾーラの里へ行ったせいか、コログでも使わなかったので通らなかった。

2017052005291500-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg
灯台もと暗し、いや意外と一周目でもスルーしがちな場所

2017052005265800-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg
近くにガーディアンがいるのと、平原の牧場跡に目が行ってしまい見落としていた。

2017052005162600-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg
スキーの方は行ったが、こちらは何故か忘れていた。

2017052005020100-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg
見落としの名所2、こんなとこ普通行かないだろというオルディン山の集落

2017052004511500-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg
これも言わば隠れポイントのような池。ハイラル城下町の左

画像にはないが、双子島の下にある”ふたご弟橋”も地味に難い。

どうも地図制覇をする際には湿地に見落としをする人が多いらしく
コポンガ島入り口にあるにある消えかけのような橋(人口歩道?)が怪しいぞ…と睨んだが名前は出なかった。
まとめサイトには”クリオー橋”なる橋があったと書いてあったが
コポンガとチナガレ周辺を探索してもどこなのか結局見つからなかった。
個人的な要望では、せっかく双子山の対角線上にあるのだから、ウォルナー山にも姉妹とか欲しかったかな


気に入ったコーディネイト
【服】  息吹の勇者帽子(深赤) / ハイリアの服 / クライムシューズ
【武器】 森人の槍 / 風凪の盾 / 古代兵装・弓
2017052008191000-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg

2017052008182800-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg

2017052008061700-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg


ゼルダもやっと一区切り着いたので、そろそろなんか描こう

BOTW記

2017051523320300-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg

2017051523331500-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg

約40日間に及んだ戦いに幕は下りた。

やっと終わったかと思い、恐る恐るワープをしてみたらコログ898と右上に表示されマジスカ…という感じだ。
結局解説サイトの地図とゲームパッドでにらめっこしながら
ひたすら×を打ち続け取り逃しを発見した。
つらあじ

最後の2つは、
はじまりの大地の東にあるガーディアン付近から絶壁下の鉄板に隠れているコログと
ゾーラの服をゲットして取れるここのコログ(ストーリーを進めていなかったので後回しにしてた)であった。

コレを集めきった先に一体何が待っているのだろうか…等と壮大な思いが膨らんだが
終わってみれば、一人旅から帰ってきた寂しさが残った。

______________________________________________

それにしてもゲームパッドは本当に良い製品だ。
このクオリティのゲームを携帯機で遊べる。
携帯機でやれることに価値がある。
据え置きも勿論いいのだけど。

学生だった頃はだいたいゲームをしてた。
実家は2階建てで、学習子供部屋は2階にあった。
1階にテレビと据え置きゲームが置いてあったのだが、やってると大体親がガミガミ言ってくるので
2階に持っていける携帯機のゲームというのは、
自分だけの空間でのめり込み、手軽に出来き、やり尽くすものだった。
故に、携帯機で出来るゲームに今も魅力を感じている。

僕は
一周目を終えて二週目も大体終わり、そろそろコンプ要素行きますかねという時に
ラジオを聴きながら携帯機でダラダラやるプレイが一番好きだ。
今回のコログ集め旅も、ラジオを聴きながらゲームパットで散策していた。

10年ぐらい前、大学受験が終わって暇になり
21時からスクールオブロック、当時は南條大輔氏と沢田修氏がMCをしていたラジオ番組を聴きながら
PSPでレディアントマイソロジー2のグラム厳選を無限にやるのは超楽しかったなぁ。

次にモンハン、マリオカートになりスマブラになり、今回のゼルダ。

久々にそういう楽しい気分になれた時間であった。





BOTW記


コログの実が800個集まったので、
一旦休憩してヒノックスの根絶に切り替えていこうかと思う今日(ライネルは滅ぼした

カースガノンと戦っていてふと疑問に思った
もしかしてアイツらって元はあの姿ではなく、もっと不定形のような形で
英傑の死体を取り込んで、彼らが得意だった武器の姿を成しているのでは?

この世界は凄まじく合理的な作りなのに、
敵がわざわざ相手が得意とする獲物と同じものを持って立ち向かうだろうか。
例えば自分が敵側であったなら、ミファーに槍ガノンをぶつけるだろうか…?
老ゾーラは雷の矢を触れることすらあんなんなのに、
だとするならば雷ガノンを仕向けないだろうか普通。

根拠になるか分からないが、ゲーム中に英傑の墓が出てこない
ゼルダって時オカにしてもムジュラにしても、英雄の死には墓があった
特にムジュラは全員分あったし、
ゼルダという世界観を考えると墓は無いにしても
「あの石碑には◯◯様が眠られておる」的な一文が聞けても良いはずだが、確認できなかった。

となると
やっぱそういうことなのかなぁという辛い推測をするのです





果てしなく終わらない

2017050819230500-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg

2017042018082400-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg
どこか武蔵伝

2017050503450200-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg
ガーディアンは水没すると死ぬ

2017050818460200-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg
森林限界っぽい印象を受けるこの感じ好きだ


昨月下旬から、絵を描くのにどうも気乗りせず う~ん5月病かなと。
一年の内に必ずそういう時期があって
歳を経るごとにその期間が長くなっているような気がするのは自分だけだろうか

というわけで絵も描く気にならないので
botwの二週目を始めた。


一周目、ネタバレは一切遮断し
“本筋通りには進めないぞ俺は”という謎の拗らせも発揮したせいか
インパに決意表明する頃には神獣を3体倒し、
ハテール村に着いたのはガノン討伐前夜という逆回転ジャーニーであった。
武器枠増やせることや、シーカーストーンに強化があった等ということを最後の最後に知る。
(武器枠は増やさないほうが取捨選択に味が出て、これはコレで面白かったので大いにアリ)

いつになったら埋まるんだと思っていた6個目の枠がスマホカメラってお前最初から付けとけ

「写真撮りまくってハイラル図鑑にどんどん登録してくれよな!」 

2946c96d.jpg 今更かよ!?






やってやるぜ二週目(新規データ)、
youtubeの検証動画で無駄に得た知識と速攻でウツシエを強化し、
祠制覇、コログコンプ、強モブ根絶、図鑑完成(全て自力)を誓い、そして新たに映る世界は新鮮味であふれていた。
やっぱこのゲームすげーわと各所で舌鼓をうつ。

得た知識を試すのが面白い、また勘所が鋭くなっている。
ダークソウルとは違った強くてニューゲーム感がある。
ちゃんと探索したら皆が着けてたバンダナがまさかあんな近場にあった。
順当にやればこんな快適にプレイできたのかと嘆き
ビタロック+は敵を止められるので最強、しゃがむと虫にバレない
マックス系の料理は惜しまずガンガン使ったほうが良く
三本のリンゴの木の実を揃えるとコログ出る、盾サーフィン二段ジャンプで無理やり鉄箱に乗ったり。
知らなかったことだらけで全然色々試せる。

またコログ集めをしていると
見たことないイベントや地形がそれはもうあるある。
ヒノックスこんなとこにいたのか~みたいなやつは100回はある。
ヘブラの寒い山ん中に温泉見つけたときは優しくテンションが上った。
ハイラル大森林の奥にあるエウンポ高地あたりの稜線付近とかも、
結構行ってない場所が見つかって良い感じですぞ。
(セレス平原や闘技場とかも一周目は気が付かなかった)


そして問題のウツシエ図鑑の収集、コレがまた罪深いこと…。
その奥の深さ

まず 新種を探すのが楽しい。
次に 新しく図鑑に登録されると嬉しい!
そして 上手い構図で収まると尚嬉しい!!
さらに より凝った画で登録できると、ま~超嬉しいんですねこれが。終わりなき探求。

2017051010481600-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg
自分はこんな感じで集めている。
およそカードゲームのイラストのノリに近いものに。
武器は、対角線上に置き、大きく画面に収めるのは言うまでもなく常識であるが
時にその上を征くシチュエーションで配置されていることがあり、その(開発者の)アピールは見逃せない。

果物とかを撮る時とかも、
ただコンプリートするだけなら晴れの日の草むらにポンと1つづつ置いて綺麗に取ればいいが
それらを一覧にした時、個性もへったくれもない味気ない図鑑が出来てしまう。(いやソレもアリか…?)
故に色んな場所で、変わった角度で撮りたくなる。
その集合にこそ、皆が同じゲームをする中でのオリジナリティが出るというもの。
是非ともこだわってほしい。
拗らせて拘ったほうが絶対に変で良い。
研究室の奴から金で写真を買おうなど言語道断である。


そんなわけで二週目も実に面白いわけです。
一応達成率100%を目指したいですが終わるのかほんとにコレ・・・?
最低でもコログは900個集めたい礼儀だと思う。


しかしほんとにこのゲーム よく出来ている。
自然と高いところに行きたくなる、行くとちゃんと何かしらあり、
上空からの散策は発見に繋がり、それは移動を兼ね自分が強くなることに直結する。
コログの収集で過ぎていった場所を再散策させ、フィールドの豊かさを確かめさせる作り。

よく分解すれば、
このゲームって移動と集めることしかしてないのに 何でこんな面白いんだろうね。
情熱なんだろうなやっぱり。








BOTW感想


2017030721465800-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39.jpg

BOTW感想

ガノン討伐。
グラフィックエモい!マップ超絶広い!ガーディアン死ね!ダークソウルだこれ!音楽好き!
そういったのは言うまでもないとして

個人的に今作のゼルダでふと感じたのは
ゲームの見え方が昔と今とで大分変わってたなぁという事だった。


3Dゼルダは時のオカリナとムジュラをプレイした。

小中学生だった当時はゲームをあくまで”キャラクターが動くゲーム”として楽しんでおり、
または理解できる年齢に達していなかったのもあって
NPC(特に大人)が話す一言一言から感じられるその人の事情、そうなった経緯、
今世界が本当はどういう状況に置かれているのか、そういうことを真剣に掘り下げて考えたことがなかった。

例えば時のオカリナのキータンのお面イベント、
門番のセリフから、
多分彼は30歳前半くらいで家庭を持ち、仕事で忙しく家に帰る暇もない、
子供の間での流行りモノの名前が微妙になってきている、
家に帰る時にはお土産を買って子供を喜ばせたい そういった様子が伺える。

自分も大人になってみると、
妖怪ウォッチのキャラってジバニャンくらいしか知らないなぁ…とか
結婚して子供が出来たとして、単身赴任とかになったらこんな風に感じるのだろうか、
とか、何気ない会話のセリフからでも色々と思うところがある。
当時子供心では、ふ~んそうなんだ とAボタン流し読みで、こんな事は考えたこともなかった。

そうした、一つ一つが多少見えるようになって今作を遊んでみると
この世界はとてつもない寂寥感で包まれ疲れ切っていて(何せ全てが後日談なので)
更にその中を1人ゆくリンクはどういう気持なのだろう、とか。
先に倒れた彼らはどんな最後を遂げたのだろうか、ガーディアンはここまで来たんだろうな
そういう目線でゲームを眺めるようになった。



子供の頃はその世界にのめり込んでいて、
「人の手(クリエイター)によって作られた」などと意識したことはなかった。
ここにはこのフラグがあって、まずはこうしてね…!
今それが見てしまうと、別にゲームに限ったことではないけれど、
浸っている時に現実が見えると萎えてしまうというか。大人特有の現象だろうか。

森の神殿はただ単に森の中に昔からそういうものあって、
ねじれる廊下は、それこそ単に森の神殿に存在する謎の廊下

昔は純粋にそう物語に溶け込んで見えていた。
今作のゼルダも本当に最後の直前の直前まではツイッターもラジオも邪魔になるほど没入できて冒険感があったが
だがのラストのイベントで、もう台無しに萎えた。
一気に作り手の影が見え「こうしなさい」と命令されているようで、気持ちが乖離して
頂点の高揚感が見事に冷めきって真顔になってしまった。

ロールプレイングの良さとは作る側を感じさせないことなのかということがわかった。
ダークソウルやブラッドボーンなんかは特にそこら辺が絶妙に上手く、作り手をチラつかせず
ただただ没頭させ旅させてくれた。

恐らく子供だった頃なら何とも思わずにガノンを倒せて満足していたのだろうと思う。




という
なんだか大人になってしまったなぁという個人的な変化を2つ。






プロフィール

カンヌ

Author:カンヌ
描いたイラスト等を掲載しています。
イラストに関して実在する人物、地名、団体等とは一切関係ありません。

*現在、お知り合いの方以外の同人の依頼等はお受けいたしかねます。

最近のイラストはtumblrからどうぞ。

mail:
always5211*hotmail.co.jp(*→@)
__________________________

●items 

・C89 ABYSSAL 【NEW】
sam.png
深海四姉妹とスマブライオン。
メロンブックス / とらのあな

・(再)C86 ORIONS
sam.png
オライオン4姉妹解説本です。
Sold out

・C86 DRAGONS C.B

D,D+,ORと箱のシリーズセット
Sold out

・COMIC1☆8 DRAGONS+
D.png
「DRAGONS」の補完本です。
Sold out

・(再)C85 DRAGONS
D.png
2013年をこの一冊に。
Sold out


・C85 KANCOROQUIS
kan.png
略してカンコロ、紙質改善、描き味改ニ。
Sold out

・C85 艦これスリーブ
aaa_2013122113174874c.jpg
女神と邪神スリーブ
Sold out

・C84 3rd anniv. 短髪天子
a_20130709043908.png
なんと箱、本、CDの3セット!
sold out
【重要!】 おまけに関して→詳細
本だけver →
Sold out


・C84 TENCOROQUIS
b_20130709043907.png
スケブです。100枚綴りです。
Sold out

・C84 箱スケブセット
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa.png
Sold out

・例大祭10 天子一生寝てたい
aaaaa_20130520205734.png
働きたくないでござる
Sold out

・C83 継・天子の旅  
rrrr.png
*通販特典!前売券レプリカ付き
Sold out

・再販 改・天子の旅
rrr.png
Sold out

・紅楼夢8 短天アプリコット
s.png
Sold out

・C82 続・天子の旅
rr.png
Sold out

・例大祭9 短天ちゃんが死んだよ
r_20130523035400.png
Sold out

・C81 天子の旅
4_20121027100631.png
Sold out


上記は以下の店舗に委託しております。

2013052012174365f_20130716204836.jpg

0_20130520121745_20130716204834.jpg


__________________________

●pixiv



__________________________


バナー (直リン等ご自由にどうぞ) 
バナーv2

アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

__________________________

● Others

【上海アリス弦楽団】
東方の総本山様でございます

banner_20120929101339.gif

【幻想鏡現詩】
色々と御一緒させてもらってる鏡現詩、もにさんのサイトはコチラ

banner.gif

【ProjectAD】
カードスリーブ等でお世話になっております。

banner_20130504135421.jpg

__________________________

● Respect / サイト名

あさのさん asano
さしみんさん CowbellTiara
スズキゴロウさん gaialot
帝国少年さん teikokushounen
マサリロさん DragonsHeaven

__________________________

最新記事
bkm
月別アーカイブ